スキンケアのコツ

シワ、たるみの改善に適した2つのケアでなめらかお肌に

投稿日:

見た目年齢を左右する条件と言っても過言ではないのが、シワやたるみ。
シワやたるみがあると、それだけで老けて見えてしまいます。

年齢を重ねるとある程度は仕方がないことではありますが、できることなら若々しくいたいですよね?
そんなあなたのために、シワ、たるみの改善に適した2つのケアを紹介したいと思います。

1・乾燥を予防する

シワやたるみの根本的な原因となっているのが、乾燥です。
乾燥はシワやたるみだけでなく、全ての肌トラブルの元凶であるといっても過言ではありません。

若々しくキレイでいたいのなら、まずは乾燥を予防することから始めましょう。
お肌の水分が失われて肌が乾燥すると、ハリが失われてしまいます。

ハリがなくなると、小ジワやたるみが目立つようになります。
空気がパンパンに詰まった風船と、空気が抜けて萎んだ風船をイメージしてみてください。

空気の入った風船はゴムのシワやたるみが見えませんが、萎んだ風船はゴムのシワやたるみが目立ちますよね?
これと同じで、ハリがあればシワやたるみは目立たなくなるのです。

そのため、シワやたるみの改善のためには、保湿を徹底してふっくらとしたお肌を目指しましょう。
セラミド入りの化粧水など、乾燥対策に特化した化粧品がおすすめです。

2・紫外線ケアを徹底して行う

シワやたるみの改善ケアの2つ目は、紫外線ケア。

「紫外線ってシミのケアじゃないの?」と思った人もいるかもしれませんが、紫外線ケアはシワ、たるみのケアにも重要です。
なぜなら、紫外線を浴びるとお肌のハリや弾力を維持するために欠かせない、コラーゲンを破壊してしまうから。

コラーゲンが破壊されてしまうとお肌を支えられなくてたるんだり、キメが悪くなってシワが目立ったりしてしまいます。

紫外線ケアは春から夏にかけてしか行っていないという人もいますが、紫外線は1年中降り注いでいます。
秋や冬でも日焼け止めを使ったり、UVカット機能のついたファンデーションを使うようにしましょう。

日常の紫外線なら、SPF20〜25、PA+〜++くらいの弱いもので十分です。
紫外線はお肌の大敵ですから、しっかりとケアしたいものですね。

紫外線を浴びるとお肌の乾燥にもつながりますから、紫外線ケアをすることは1つ目のポイントでもある「乾燥予防」にもなりますよ。

まとめ

シワやたるみがあると、一気におばさん化してしまいます。
お肌のコラーゲンは年齢とともに減っていき、コラーゲンを作る力も衰えていくもの。

そのため年齢相当のシワやたるみは、仕方がないのかもしれません。
しかし、何もケアをしなければどんどん老けていってしまうのは言うまでもないでしょう。

限られたコラーゲンを破壊してしまわないよう、乾燥予防と紫外線ケアを徹底して行うことが大切です。

-スキンケアのコツ

Copyright© ジュランツ 人気ドクターズコスメのトライアルセットと口コミを検証! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.