スキンケアのコツ

気になるたるみ、ほうれい線の正しいケア方法は?

投稿日:

頬がたるんでいたり、鼻から口元にかけてくっきりとシワができていると、一気に老け込んで見えてしまいます。

鼻から口元にかけてできるシワは、いわゆる「ほうれい線」。
その見た目から、マリオネットラインと呼ばれることもあるそうです。

さて、そんなお肌のたるみやほうれい線ですが、「歳を取れば仕方がない」と思っていませんか?
確かに年齢とともに現れやすい悩みではありますが、ほうれい線がくっきりしている人もいれば、そうでない人もいます。

たるみやほうれい線があるだけで、実年齢よりも上に見られてしまうことも…。
ここではスキンケアに焦点を当て、たるみとほうれい線の正しいケア方法を紹介していきます。

たるみやほうれい線はコラーゲンの減少が原因

たるみやほうれい線ができる原因の1つが、お肌のコラーゲンが減少してしまうこと。
コラーゲンはお肌の土台となるもので、 弾力を維持するためには欠かせない成分でもあります。

コラーゲンは年齢とともに減っていく傾向にありますが、その減少スピードを更に加速させているのが、「乾燥」そして「紫外線」。
この2つは肌細胞にダメージを与え、お肌のコラーゲンを破壊してしまいます。

年齢を重ねると「コラーゲンの生成スピード」も遅くなっていきますから、乾燥と紫外線の対策をしなければ、コラーゲンは減っていくばかりですよね。
少しでもコラーゲンを維持するため、乾燥と紫外線の対策は徹底的に行うことをおすすめします。

お肌にハリを与える成分とは?

たるみやほうれい線のケアは、エイジングケアに特化した化粧品を使用することをおすすめします。
単純に水分を与えるだけの保湿では、たるみやほうれい線のケアはできません。

お肌にハリを与える成分には、

  • アスタキサンチン
  • ビタミンC誘導体
  • コラーゲン

などがあります。

化粧品を選ぶときには、これらの成分の有無についてもチェックしてみましょう。
もちろん、セラミドなど保湿力の高い成分の配合された化粧品で、しっかりと保湿をすることも大切。

ハリを与える成分はクリームや美容液などに配合されていますから、化粧水だけでなくクリームや美容液で念入りにケアをしてください。
たるみやほうれい線はすぐになくなるものではありませんので、根気よくケアを続けていきましょう。

まとめ

たるみやほうれい線の正しいケア方法について、紹介しました。

たるみやほうれい線があると、一気にオバさんになってしまいます。
スキンケアでは保湿や有効成分を届けることが大切ですが、顔の筋肉を鍛えることでたるみを予防することもできます。

表情筋を鍛えるトレーニングなども取り入れて、たるみやほうれい線のない若々しいお肌を手に入れてくださいね。

-スキンケアのコツ

Copyright© ジュランツ 人気ドクターズコスメのトライアルセットと口コミを検証! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.