スキンケアのコツ

シミを薄くするためには?予防方法とアフターケア

投稿日:

歳を重ねる毎に気になっていくシミ。
今までは気にしていなかったのが、一度見つけてしまうと目立って気になってしまいますね。

そこでやってしまいがちなのがメイクで隠すということ。
できれば根こそぎ消えて欲しいけどすぐにそんな事できるはずもなく...といったところです。

では、シミができない様に予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?
アフターケアも含めてご紹介します。

徹底した紫外線ケアを怠らない

日常生活を送る上で、紫外線は避けては通れないもの。

紫外線を浴びる事でメラニン色素が生成されシミになってしまうのです。
その他にも、コラーゲンが破壊されることによりバリア機能を低下させてしまいます。

バリア機能が低下したお肌は、紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまいます。
その過程を食い止める事はできないのでしょうか?

メラニン色素は肌を守りつつも、シミを残してしまう厄介なもの。
シミを作らないためには、紫外線に対するケアをきちんと行うことが必要です。

紫外線は夏に多いというイメージがあると思いますが、実は一年を通して私たちの体に届いています。
日焼け止めやUVカット機能の付いた化粧品で紫外線をブロックすることで、シミの生成を軽減できるようになります。

紫外線を浴びてしまった後の対処法

紫外線を避けて通るのは無理に近い話です。
そこで浴びてしまった紫外線に対して重要になるのが、アフターケアを怠らないということ。

紫外線を浴びても、メラニンの生成さえ抑える事ができればシミにはなりません。
メラニンの生成を抑制する成分として有名なのがコウジ酸・エラグ酸・トラネキサム酸などです。

これらが含まれる化粧品を、紫外線を浴びた後すみやかに使用するとメラニン生成を阻止できます。

では、すでにシミができてしまっている場合はどうすればいいのでしょうか。

それはメラニンを還元するように働きかけることです。
皮膚の構造上、ターンオーバーに1ヶ月はかかるために、できてしまったシミもすぐになくなる事はありません。

ビタミンC誘導体は強い抗酸化作用が含まれているため、メラニンを還元する力が強いと言われています。
時間をかけながら、ビタミンC誘導体の含まれる化粧品でケアしていく必要があります。

まとめ

紫外線対策とアフターケアからシミの予防についてご紹介しました。
シミはできてしまってからでのケアでは時間もお金もかかるため、予防するのが一番の近道なのです。

また、すでにシミがある人も根気強いケアで美肌を取り戻す事ができます。

-スキンケアのコツ

Copyright© ジュランツ 人気ドクターズコスメのトライアルセットと口コミを検証! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.